1. TOP
  2. 仮想通貨(暗号通貨)
  3. ビットコインはどうやって買うの?〜仮想通貨売買の基本〜

ビットコインはどうやって買うの?〜仮想通貨売買の基本〜

仮想通貨(暗号通貨) この記事は約 5 分で読めます。

ビットコインなどの仮想通貨に興味を持ち、始めようと思った時、そもそも、どうやって買うの?といった疑問が出てきます。今回はビットコインなど仮想通貨の買い方の基本を説明します。

買い方のおもな流れ

  1. 仮想通貨取引所の会員登録をして口座開設
  2. 取引所、販売所、FX取引の3種類の中から買う方法を選ぶ

ビットコインを買うには、国内や海外の仮想通貨取引所の会員登録をして口座を開設する必要があります。

 

国内取引所の場合、

  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • Coincheck(コインチェック)
  • Zaif(ザイフ)
  • bitbank(ビットバンク)
  • GMOコイン

海外取引所の場合、

  • Poloniex(ポロニエックス)
  • Kraken(クラーケン)
  • BITTREX(ビットトレックス)
  • BINANCE(バイナンス)

などが有名です。

 

ただ、コインチェックは2018年1月に流出騒動が起き、ザイフも以前一時的に仮想通貨がタダで買えてしまうシステムトラブルが起きるなど、不安があるので、今のところ避けたほうが良さそうです。

 

何もかも始めてで、どの取引所を選んだらいいか全く分からない場合は、まずは国内大手のビットフライヤーに登録して口座を開設し、取引所とはどういうものなのか肌で触れてみるのもおすすめです。

 

海外取引所も、全く対応してくれないとかではありませんが、国内取引所の場合、手続きで何か分からないことがあったり、何かトラブルが発生しても、日本語で対応してくれるので安心です。

取引所の口座開設も

  1. 取引所で必要事項入力して会員登録
  2. 運転免許証など本人確認データをアップロード、送信
  3. 本人確認終了後、登録した住所にハガキや手紙が届く
  4. ハガキや書類を受け取ると、本格的に使えるようになる

簡単にいえば、このような流れです。

 

仮想通貨取引所の選び方の詳細、それぞれの取引所の会員登録や口座開設の方法は、また別で記事を書こうと思っています。

買い方は複数ある

  1. 仮想通貨取引所の会員登録をして口座開設
  2. 取引所、販売所、FX取引の3種類の中から買う方法を選ぶ

取引所の登録は、本人確認も含めてネットで済ませることができますが、少し難しいのは「2.取引所、販売所、FXの3種類の中から買う方法を選ぶ」です。

 

単純に「ビットコインを購入」といったボタンが1つあるわけではなく、ビットコインを買う手段が複数あるのが、少しややこしいですね。

取引所で買う

一般的な株式投資と同じように、他の投資家からビットコインを売買する方法です。成行注文、指値注文も選択でき、指値注文の場合、価格の設定が面倒ですが、ほぼ時価で買えるのも魅力です。

販売所で買う

仮想通貨取引所から直接買う方法です。ビットフライヤーの口座開設をした場合、ビットフライヤーからコインを買います。取引所の事業者が提示する価格で、簡単に、確実に、すぐに買えるのは魅力的ですね。

 

ただ、提示価格には、取引所が上乗せした手数料が含まれているので、市場価格よりも高いです。同じコインでも取引所によって価格が全然違うこともあります。

FX取引

外貨取引の一般的なFXと同じように、一定額の証拠金を取引所の事業者に預けて、自己資金の何倍もの売買ができます。

 

ただ、それだけリスクは高くなりますし、取引が完了するまで手数料が発生し続けるので、短期売買ならまだしも、長期でコインを保有したい場合はあまり向かないと思います。

結局どれがいいの?

まず、FX取引はリスクが高すぎるので現状では個人的におすすめできません。

 

そうすると「取引所で他の投資家から買うのか、販売所で取引所の事業者から買うのか」が焦点となります。

ビットコイン 買い方 売り方 仮想通貨

一番楽で分かりやすいのは「販売所で買う」方法です。

 

ただし手数料がかかり、市場価格よりも割高というデメリットがあります。

 

買った通貨を売る時も手数料が発生するので、もし販売所で通貨を買って売る時、売買それぞれのタイミングで手数料がダブルでかかることになりますね。

 

そう考えると、「取引所で他の投資家から買う」のがいいのでしょうか。

 

販売所での売買よりは、市場価格に近い価格で買えますが、売買に参加する投資家が少なければ需要と供給の関係から、売買が成立しにくい場合があります。

 

例えば、自分は今この瞬間で買いたい!と思ったとしても、売買に参加している投資家がいなければ、買えません。

まとめ

  • いますぐビットコインが欲しい場合は販売所で買う
  • 手数料をできる限り抑え、自分の希望する価格、市場価格に近い価格で買いたい場合は取引所で他の投資家から買う

これが良さそうです。

 

もちろん「これが正解!」というものは仮想通貨の買い方に限らず存在しませんし、自分自身も日々試行錯誤しています。

 

今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。

\ SNSでシェアしよう! /

マネタメライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マネタメライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • デジタル通貨の時代がやって来る!?仮想通貨が無視できない理由

  • 仮想通貨の税金の相談はどこで?税理士、税務署、国税庁?

  • 仮想通貨の税金はサラリーマンも確定申告する必要があるの?

  • 仮想通貨は持ってるだけでは税金もばれない?ばれる理由は?

  • ツアックスコイン(TOUREX COIN)の購入方法や登録の流れまとめ

  • 仮想通貨を始めるにはどうしたらいいの?