1. TOP
  2. 仮想通貨(暗号通貨)
  3. 仮想通貨で儲かったけど税金を会社にばれたくない!いつばれる?

仮想通貨で儲かったけど税金を会社にばれたくない!いつばれる?

仮想通貨(暗号通貨) この記事は約 4 分で読めます。

仮想通貨取引で儲かった場合に気になるのが税金のことです。確定申告書を作成して税務署に提出した後、副業が会社にばれるのではないかと不安になった方も多いはずです。仮想通貨の税金は会社にばれるのか?いつどうやってばれるのか?今回はそのあたりのことを説明します。

会社に仮想通貨の取引がばれる理由

仮想通貨取引で年間20万円以上の利益を得た場合、原則確定申告を行い、利益に応じた税金を納めます。

 

仮想通貨取引の利益に対して、おもに所得税と住民税が課せられます。

 

所得税は税務署が徴収し、住民税は市役所などの各自治体が徴収します。毎年3月の確定申告の際に納める税金は所得税です。

 

住民税は、前年の所得に基づき6月頃から徴収されます。ですので、確定申告後の6月以降に住民税は納めることになります。

 

会社にばれる理由はこの住民税の徴収にあります。

 

会社員の場合住民税は通常、特別徴収といって給料から天引きされています。

 

これは、市役所などの各自治体が会社に送付する住民税特別徴収額決定通知書により会社の経理などが行っています。

 

この決定通知書に副業で得た利益が記載されてしまうので、会社にばれるわけです。

 

会社の規定で副業が禁止されている場合は、問題になることもあるでしょう。そうでない場合も、会社にばれたくないという人の方が多いかもしれません。

 

運が良ければ経理担当が気づかないかも知れませんが、住民税の特別徴収がされる限り、会社にばれる可能性は極めて高いです。

 

一方で、住民税を特別徴収にしなければ会社にばれる可能性は低くなります。

住民税の納め方を変える

確定申告の際に、住民税の徴収方法について普通徴収を選択します。

仮想通貨,税金,会社,ばれる,ばれたくない,なぜ

といっても、何がどう変わるのでしょうか。そもそも特別徴収と普通徴収の違いとは何なのでしょうか。

 

前述のとおり、会社員の住民税は給料から天引きされています。会社が社員から天引きした住民税をまとめて各自治体に納めているわけです。

 

これにより、各個人で住民税を毎月支払いに行く必要もなく、また市役所などの各自治体は未納の恐れがなくなりますので双方にとって便利な制度です。

 

この制度を特別徴収制度といいます。

 

副業をしていない場合は、住民税の納付はこれで全て完了します。ですので、多くの会社員は住民税を自分で納めたことはほとんどないと思います。

 

住民税は前年の所得により6月頃から徴収されますので、多くの場合、金額が6月で変更されます。社会人なりたての会社員1年目は前年所得が基本ありませんので徴収されません。

 

一方、普通徴収は自営業者など給料から住民税を天引きできない方に適用されます。

 

この場合は、確定申告を行い所得税を納めた後の6月以降に各自治体から住民税の納付書が届きます。この納付書により各金融機関などで住民税を納めることになります。

 

仮想通貨取引(副業)で利益を得た場合についても、仮想通貨の税金に関しては普通徴収を選択することができます。

 

これにより、仮想通貨で儲かった分の住民税については、自分で納付書により納めることになります。つまり、会社から特別徴収されないということです。会社側からすれば、副業をしていない他の社員と同様に去年支払った給料のみの住民税を天引きすることになります。

 

自分で住民税を納付する手間はありますが、普通徴収を選択することにより、会社にばれにくくなります。

 

確定申告書の住民税徴収方法を選択する欄は小さいので見落としがちです。上記を踏まえて、会社にばれたくないのであれば、必ず普通徴収を選択してください。

まとめ

あくまで会社に「ばれにくくなる」ということです。今回の内容にかかわらず、何事も絶対はありません。

 

特別徴収されないのは副業で得た利益の住民税です。会社からの給料部分に関しては特別徴収されます。

 

最近は副業を許可する、推奨する企業も出てきました。

 

もし所属されている会社が副業を許可、推奨している場合は、

実際に副業をしている、していない、稼げている、まだ稼いでいないにかかわらず、申請して「会社にばれるのでは?」と思うリスクを取り除くのも1つの方法かなと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

マネタメライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マネタメライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 専業主婦や未成年の学生が仮想通貨で儲かったら税金はどうなる?

  • TOPBTCの初期登録や二段階認証、本人確認の方法と使い方

  • 仮想通貨のICOのトークンを購入した場合の税金の仕組みや計算方法

  • 【保存版】暗号通貨のIDやPW保管とセキュリティ対策

  • 仮想通貨の税金への対策が必要な理由とは?バレる?

  • 仮想通貨を取引所からウォレットに移動したら税金かかる?