1. TOP
  2. Cashless
  3. キャッシュレス化は本当に必要?現金も必要な理由

キャッシュレス化は本当に必要?現金も必要な理由

Cashless この記事は約 8 分で読めます。
キャッシュレス 本当に必要? いらない

最近、新聞や雑誌をみるとキャッシュレスを推進する内容を見かけることが多いですね。

 

消費税の増税とセットで、キャッシュレス決済したら2〜5%のポイントを還元して実質減税するよ〜みたいな負担軽減政策もあります。

  • 日本はキャッシュレス後進国だから先進国に追いつかなければ!
  • 東京五輪もあるからキャッシュレスにしないと!
  • 訪日外国人をもっと増やすにはキャッシュレスを!
  • キャッシュレスに乗り遅れるな!

みたいに、

 

なかには煽っている記事もありますよね。

 

確かにキャッシュレス化が進むのは便利だと思いますが、現金を一切なくして一気にキャッシュレス化をおしすすめることには個人的には疑問を感じています。

個人情報の保護を訴える一方で

キャッシュレスの現状やメリットを伝える媒体は多いですが、その一方でキャッシュレスの問題点、デメリットを訴える新聞や雑誌は少なくなっているように思います。

 

最近ではペイペイでも問題になりましたが、クレジットカードの情報が抜き取られるなどの犯罪は後を絶ちません。ペイペイも100億円分を還元などの「目立つキャンペーン」を行い、利用者が殺到して数日で終わってしまいましたが、目立って犯罪者に狙われた可能性が高いですね。

 

偽の通販サイト経由で情報を盗む、スキミングで情報を盗むといった手口はまだまだ多いようですね。

 

私もインターネットや街中でカードを使う場合、毎回緊張します。

 

百貨店などではクレジットカード決済を選ぶと店員さんがバックヤードにいってしまうこともあります。

 

おそらくそこにレジがあり、決済したうえで戻ってくるのだと思いますし、店員さんもよほどのことがない限り不正はしないと思いますが、「もし自分のカード番号を控えられたらどうしよう」みたいな不安があるのは事実です。

 

キャッシュレス決済をすると、名前や電話番号など、特に大事な情報は表向き残らなかったとしても、自分がいつどこでどのような買い物をしたのか全てデータとして残ります。

キャッシュレス,必要ない,本当,必要,現金

最近ビッグデータとして企業が決済情報に注目するケースも多いですが、それだけ個人情報が蓄積されるということです。

 

「個人情報保護」に関して、そこまでする必要があるの?というくらいヒステリックになることもある日本社会。一方で、キャッシュレス化で個人情報はどうなるのか、決済システムと個人情報の関係といった議論が少なく感じるのは気のせいでしょうか。

中国とは状況が違う

中国では屋台でもキャッシュレス決済になっている。それに比べて日本はどうか・・みたいな議論がされることが多いですが、中国と日本では事情が違うはずです。

 

中国でキャッシュレス決済が急速に進んだのは、そもそも現金が信用されていないからです。

 

偽札が横行し、お札そのものも汚染されていることがあり、それで病気に感染したらどうするのかといった問題もあります。

 

日本のように全国津々浦々まで銀行やATMが張り巡らされ、国民全員といっても過言ではないくらい、みんな銀行や郵便局の通帳を持っていて、いつでもどこでも現金を引き出せる環境・・ともいえません。

 

内陸部を中心に、そもそも銀行口座も持っていない、通帳も当然ないなんてことも珍しくありません。

 

そのようなななか、スマホが急速に普及し、ウィーチャットやアリペイといった企業が出てきて飛び級のようにQRコード決済が普及、定着しました。

 

日本では偽札も少なく、お札そのものが汚染されていて触れないといったことはほとんどありません。現金そのものに信用があり、いつでも、どこでもATMで現金を引き出せますよね。

 

普段はほとんど意識しないかもしれませんが、これって結構すごいことなんじゃないかって思います。

キャッシュレスと現金を使い分ける

じゃああなたは現金派なの?と思われるかもしれませんが、日常生活で私は現金とキャッシュレス決済、両方使っています。

 

仕事、プライベートともにカードで支払いをすることも多いです。

 

記録が残るので、例えばクレジットカードの明細がそのまま家計簿になりますし、考え方次第では便利だと思います。仕事の経費もいまはクラウド会計ソフトがありますし、カードと紐付けると自動で処理してくれます。

 

通販サイトでの買い物、高額な買い物もカードですることが多いですね。

 

例えば新しいパソコンを買う時、それが10万とか20万とかする場合、現金で払うのは個人的には怖いです。

 

財布にそれだけ現金を入れるのも怖いですね。

 

まあ、そもそもそんなにお金はありませんが(苦笑)

 

あと、キャッシュレス決済するとポイントがたまることも多く、同じ金額を払うならポイントつくほうで!となっても不思議ではありません。

 

日常生活の支払い全てをキャッシュレスにした場合、年間数万円、なかには10万円以上ポイントがたまるケースもあると思います。

 

その一方で、わざわざ記録に残す必要がない場合は現金を使うことが多いです。

 

こんなことを言うと、現金を使う時は何か悪いことをしているのか!?と思われてしまうかもしれませんが、そんなことはありません(苦笑)

 

例えば友人などとの飲み会で「ワリカン」をする機会も多いと思いますが、支払い前後に現金でやりとりする人は多いのではないでしょうか。

 

最近ではQRコード決済でワリカン機能があり、AさんからBさんに送金することもできますが、全員がQRコード決済を使っているわけではないですし、送金に手間や苦手意識を感じる人もいるでしょう。結局やっぱり現金が便利だよねってなるわけです。

キャッシュレス 必要ない いらない 理由

そもそも「お金には色がない、色をつける必要がない」と思っています。

 

極端な考えかもしれませんが、キャッシュレス決済をする場合は「自分の消費記録は企業や国に教えている、今後渡ってもおかしくない」と思って使っています。あらゆることがガラス張りになるわけです。

 

ペイペイの問題もあったように、クレジットカードなどの個人情報の流出はまだまだ多いですし、今後もいきなり減ることは考えにくいです。

 

そのため、自分自身で防衛するのも大切です。

 

「自動で」記録に残したほうが便利という時にキャッシュレス決済を使う、手動で記録に残したい時は現金を使うイメージでしょうか。

 

あと、災害時などは停電でキャッシュレスのシステムがダウンすることも考えられます。普段現金を全く使わない場合でも、災害対策にいくらか準備しておくのは大事かなと思っています。

 

よく現金派が〜、キャッシュレス派が〜と対立軸で話をされることがありますが、私はどちらも使い分けたらいいやんって立場ですね(中立派なのかなww)

現金の問題点、デメリット

「キャッシュレス化は必要ない?」と言うと現金派の方から「ほらみろ、言ったとおりやんか!」と言われますが、現金オンリー主義の場合、問題点、デメリットもあります。

  • ATM引き出し手数料がかかることがある
  • いつでも、どこでも引き出せる環境の減少
  • ポイント還元されない
  • キャッシュレスよりも値段が高くなる可能性

現金を引き出すためにATMに並ぶ方も多いかもしれませんが、混雑していると引き出すのにも時間がかかりますし、その時間がもったいないです。

 

手数料も年々上がっていますし、例えば1回108円としても塵も積もれば山となります。それに金利が0.001%など、ほぼゼロに等しい時代、108円とられるのはかなり大きいです。

 

現金派でも、極端な話毎日仕事終わりの夜、ATMに通っていたら手数料はかなりとられてしまいます。

 

銀行も人員削減や店舗整理で、支店やATMも削減し始めています。

 

今までは都会や田舎どこにいても、いつでも現金を引き出せる環境にありましたが、今後はそうもいかなくなってしまう可能性もあるのです。

 

全て現金で払った場合、クレジットカードなどのようにポイントは付与されません。

 

ポイントは最初からいらないよ〜は別にして、同じ買い物をしているのに「差」が生まれているのです。ポイントも当然、お金として使えるので、全く使わないのは結構損かなと個人的には思います。

 

単にポイントがつく、つかないなら良いのですが、クレジットカード会社がポイントを還元するということは、その分誰かが負担しているわけです。言い方は悪いですが、ポイント還元分を現金主義の方からとろうと考えても不思議ではありません。

 

例えば車の高速道路で使われるETCカード。

 

土日祝日や早朝など、ETCを使って走行すると割引価格になることが多いですよね。ただし、一般レーンを通って現金で払う場合は割引はなく常に一般価格ということも・・・

 

同じ時間、同じ距離を、同じ車で走っているのに、高速料金が2000円くらい違う・・なんてことも少なくありません。

まとめ

キャッシュレス化は、政府も積極的に進めようとしていて、国内のキャッシュレス決済比率は現時点で約20%、2020年代には40%代まで高めたいようです。

 

確かに、キャッシュレス決済の普及も大切ですが、「海外がキャッシュレスだから日本もそうしなければ」という考え方や姿勢は疑問を感じますね。

 

お店側、消費者側に関係なく、決済手段の選択肢は今後も複数あっていいのでは?

 

いろんな選択肢があるなかで、キャッシュレスと現金、お互いの良いところを活用しつつ、収入や支出の環境、経済状況、家庭状況などに応じて選ぶ、使い分ける必要があるのかなと思います。

 

どちらか一本に絞らないといけない法律はいまのところないわけですから。

 

今後どうなるのかは分かりませんが、もしキャッシュレス一本、現金廃止なんてことになれば、とんでもない社会になるのではないかと考えてしまいます。

\ SNSでシェアしよう! /

マネタメライフの注目記事を受け取ろう

キャッシュレス 本当に必要? いらない

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マネタメライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • キャッシュレス社会では現金派がカモにされる理由

  • 現金も仮想通貨?電子マネー等との違いとキャッシュレスの今後

  • 日本人の現金思考は変わる?キャッシュレス決済を止められない理由

  • 【保存版】カードや電子マネーなどのキャッシュレスを使い分ける方法

  • スマホのキャッシュレス決済は本当に便利なのか

  • キャッシュレス決済のデメリットは?現金が今後も必要な理由