1. TOP
  2. 仮想通貨(暗号通貨)
  3. 仮想通貨の税金で必要経費になるものとは?手数料やセミナーも?

仮想通貨の税金で必要経費になるものとは?手数料やセミナーも?

仮想通貨(暗号通貨) この記事は約 4 分で読めます。

仮想通貨の取引で忘れてはいけないのが税金や必要経費についてです。特に手数料は仮想通貨によってはかなりかかることもあり、利益が大きく損なわれてしまう可能性もあります。手数料の他にもセミナーや本代などを必要経費にできるのかなどを紹介します。

手数料に関するポイント

まず仮想通貨を取引することによって生じる手数料や経費について紹介します。

 

この手数料に関してはかなり取引所によって違いがあって一概にこれくらいかかるとは言いにくいのが事実。このため、なるべく手数料を下げたい場合には取引所ごとの取引手数料を比較することが大変大事です。

 

取引所によっては1単位取引ごとに数十円程度で取引できるところもあります。また時間帯によっても変わってきます。例えば、朝方はやはり手数料が高くなりがちです。

 

手数料を下げるコツとして、なるべくビットコインなどの名の知られている仮想通貨のみを取引するようにすることもひとつの方法です。こうした仮想通貨はより手数料も少ない傾向にあります。取引量も多いこともメリット。

 

一方、最近登場した新しい仮想通貨だとより手数料もかかりやすい傾向にあります。このため、手数料によって利益が減るのが嫌ならば取引を有名通貨などに限定するのも1つの選択肢です。

 

 手数料を減らしたくて個人間で仮想通貨を取引する方もいます。この方法であれば公式な手数料も全くかからなくて済むことも。とはいえ、個人間での取引はトラブルの元ですし、多量に購入したい場合には向いていないことも。この方法は特殊な場合を除いてあまりお勧めできません。

 

どのくらい取引ごとに手数料がかかっているのかビジュアル的に把握することも大事です。これは特に多量に何度も仮想通貨を日中に取引する人ならば欠かせないテクニック。たとえ一取引ごとの手数料が微小であっても取引数が増えればそれだけ手数料も積み重なってきます。

 

手数料は仮想通貨ごとに異なってきます。例えばリップルの手数料が安い取引所だからといって他の仮想通貨の手数料も安いとは限りません。

 

こうしたこともあり、取引する仮想通貨ごとに利用する取引所を変えることもおすすめです。こうすることによってかかる手数料を最小限にしていくことが可能になります。

仮想通貨と税金

まず、仮想通貨を取引して売買益が生じたら他の取引と同じように売買益に税金がかかります。

 

仮想通貨の規制状況はまだまだ「道半ば」と思いますが、長期的にはこうした税金の規制はより強まってくると思います。

仮想通貨,税金,必要経費,まとめ,手数料

また、こうした税金は工夫次第で減らすことももちろん可能。例えば、個人ではなく会社として仮想通貨を取引する方法です。こうすることによって税優遇が得られますし、様々な控除も期待することができます。

 

とはいえ、仮想通貨を取引するためだけに会社を立てるのはかなり大がかりなのであまりお勧めできないことも。

まとめ

この記事では仮想通貨の手数料や税金について紹介しました。仮想通貨はまだまだ整備されていない面も多いのですが、それだけに可能性もある分野です。

 

仮想通貨は日夜新しいものも登場してきていますから、まだまだ大儲けすることは可能です。とはいえ実際に取引する際には紹介したような手数料や税金に関するトピックについては十分に理解しておくようにしておきましょう。

 

また、仮想通貨はまだまだできて間もないものです。そのため、税金事情も大きく変わる可能性もあります。だからこそ仮想通貨がらみのニュースが出てきたら欠かさずにチェックするようにしておくことも大事です。

 

特に手数料はかなりかかることもありますから、なるべく手数料を減らす工夫をしてみましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

マネタメライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マネタメライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • RIA(リアコイン)をKEX取引所とウォレットの間で送金する方法

  • ツアックスコインの現在や進捗状況!話がヤバすぎて興奮?

  • 仮想通貨の税金で雑所得から事業所得に変えられる?

  • 仮想通貨の再投資で含み損が出た場合の税金や利益の計算は?

  • コインチェック騒動から考えるビットコインや仮想通貨の今後

  • ツアックスコインの可能性は?他の暗号通貨やICOとの違い