1. TOP
  2. 仮想通貨(暗号通貨)
  3. 仮想通貨をガチホの場合の税金は?長期保有はバレてる?

仮想通貨をガチホの場合の税金は?長期保有はバレてる?

仮想通貨(暗号通貨) 税金・節税 この記事は約 5 分で読めます。

仮想通貨の取引をしているもののガチホと呼ばれる長期の保有をしている人も多いかもしれません。取引所やウォレット内に入れたままの場合、税務署にはバレてるのでしょうか。税金の部分についても紹介します。

ガチホの場合の税金は?

結論から言うとガチホで全く取り引きしていない場合は税金を支払う必要はありません。

 

税金とは利益に対してかかるものなので、ガチホの場合いわば「売って利益が出た」わけではないので税金はかかりません。仮想通貨に限らず、株でも不動産でもどのようなものでも購入した価格よりも売却した価格の方が高い場合に納税義務が生じます。

 

ガチホはもちろんですが売却しても利益にならなかった場合、基本的には課税されないのです。仮想通貨のレートに一喜一憂することなく、長らく保有している「ガチホ勢」は売却するまでは税金のことを考える必要がないともいえますね。

売却時は税金問題が発生?

持っているだけでは問題ないものの、いつかは、どこかのタイミングで利益確定させる必要がありますよね。その際に、取得時よりも利益が大きければ税金の問題が発生します。

 

税金は個人の場合は1月1日から12月31日の利益に対してかかります。

 

例えば2018年1月に売却して得た利益の税金は2019年2月から3月にかけて行われる確定申告にて税務署に届けることになります。つまり、この例の場合は利益が確定してから1年以上も後に確定申告を行うことになります。

 

一方で2018年の12月に仮想通貨を売却して利益を得た場合、2か月後の確定申告にてすぐに申告することになりますので、「忘れていた」ということにはなりにくいでしょう。

 

仮想通貨の利益は累進課税になるため、仮想通貨を含めた所得の額によって税率も変わります。

仮想通貨,長期,保有,税金,バレる,税務署

サラリーマンのように給料がある程度決まっている場合、売却のタイミングは利益だけを考慮すれば良いかもしれませんが、自営業者の場合、本業での収入次第で仮想通貨の利益にかかる税金も変わります。

 

たくさん儲けている時にがっつりと儲けるか、あるいは本業での収入が少ない時に利益として計上するか、税務の面からもある程度タイミング考慮した方が良いでしょう。

 

もしもですが、本業での収入も絶好調の時に仮想通貨で莫大な利益を得た場合、税率そのものが高くなるので仮想通貨益が思った程にならなくなってしまうケースもあります。

持っているだけではバレない?

仮想通貨を売却すれば記録に残ります。その記録を税務署はしっかりとチェックしていますので、逃れるのは難しいでしょう。

 

ただし、仮想通貨を持っているだけであれば、さすがにこの時点で税務署があれこれ動くようなことはありません。この時点で仮想通貨を持っていることを知っているのは取引所だけです。

 

ただし、売却した記録は取引所がしっかりと届け出ますので、そこで税務署にもバレます。つまり、ガチホ勢であればばれないものの、結局現金化した際にバレてしまいますので、バレているかばれないかは、さほど大きな問題ではありません。

税金は常に考えておく必要がある

持っているだけであれば税金はかかりませんので、ガチホ勢は売却するまでは税金面の心配は無用ですが、ガチホしているものが一つあるからという理屈は通りません。

 

例えば「ビットコインはガチホだけどネムは売却した」という場合、ネムの売却で利益を得ているのであれば当然ですが税金を支払わなければなりません。

 

仮想通貨の税金は仮想通貨の種類によって分類されるものではなく、あくまでも「仮想通貨」として取り扱います。どの種類の仮想通貨であれ、売却して利益が出たら税金を支払わなければなりません。

 

ガチホ勢はいずれ大きな利益になった時に売却することを考えていると思います。あるいは高値掴みをしてしまったのでどうすれば良いのか分からず結果的に「塩漬けのガチホ」になっているケースもあることでしょう。

 

いずれにせよ、ガチホ勢は仮想通貨関連のニュースには敏感でなければなりません。

まとめ

税金のありかたはもちろんですが、今後のルール作りも含めて仮想通貨はまだまだ法整備が完璧とは言い切れません。何かあれば新しいルールが登場する世界なだけに、ニュースには関心を持っておきたいです。手放す際、これまでと違ったルールになっている可能性もゼロではありません。

 

※お金を守る意識

税金を考えるのは大切ですが、

  • 税金を意識し過ぎて身動きがとれず利確するタイミングが分からない
  • 損をしたくなくて引っ張った結果暴落して結局大損した
  • せっかく儲かっても「スズメの涙」ほどしか残らない

といったことになっては本末転倒です。仮想通貨の話題では「この通貨が将来儲かるかもしれないですよ〜」みたいな話ばかり目が行きがちですが、税金対策してご自身の大切なお金を守ることも大切です。

\ SNSでシェアしよう! /

マネタメライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マネタメライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 仮想通貨の再投資で含み損が出た場合の税金や利益の計算は?

  • ビットバンクの登録と口座開設の方法!必ずしたい初期設定

  • ツアックスコインの将来性は?第4世代の暗号通貨で決済の主軸に?

  • サラリーマンこそ確定申告をすべき理由とは?

  • 仮想通貨の税金の相談はどこで?税理士、税務署、国税庁?

  • 確定申告が必要な人とは?改めて考える基本