1. TOP
  2. 税金・節税
  3. 確定申告をするメリット、デメリットとは?

確定申告をするメリット、デメリットとは?

税金・節税 この記事は約 6 分で読めます。

ようやく確定申告が終わり、税務署に書類を提出してきました。少しずつ慣れてきたものの、申告書を作成する時、確認する時、提出する時は緊張しますね。

 

まずは一区切りついて、「よしまた1年がんばるぞ〜」といった感じになります。

 

確定申告といえば、自営業や会社経営者の方がするものというイメージも強いかもしれませんが、サラリーマン(会社員)の場合も、申告するケースは増えています。

 

このブログでも以前書きましたが、今後は働き方や肩書がなんであっても、組織に属しているとか関係なく、誰でも確定申告をしたほうがいいと個人的には思っています。

 

申告をする人、しない人で差がついていくと思うからです。

 

そうはいっても「確定申告ってなんだか抵抗があるんだよな〜」「サラリーマンだからする必要ないでしょ?」「そもそも面倒くさいし」と敬遠するケースも多いですよね。

確定申告へのイメージ

「確定申告」と聞いて、どのようなイメージを持たれるでしょうか。

 

自分の売上や所得などを申告することですが、以前の私は「確定申告をする=税金をとられて怖い税務署に目をつけられる」と、結構本気で思い込んでいました(苦笑)

 

もちろん脱税をしたら犯罪ですし、脱税疑惑が出たら税務署に調査されてしまいますが、そうではなくきちんと申告して税金を納め、特に問題なければドラマみたいに捜査されることはありません。

 

「税務署=怖いところ」というイメージがありましたが、実際に行ってみるとそんなことはありませんし、分からないことがあれば相談に乗ってくれます。

そうはいっても正直緊張はします・・・警察のパトカーを見ると、特に悪いことをしていないのに、背筋が伸びるみたいな感じでしょうかw

確定申告のデメリット

働き方や肩書に関係なく、誰もが確定申告したほうがいい時代になったと思いますが、デメリットがあるのも事実です。

  • 医療費控除、セルフメディケーション税制、ふるさと納税など手続きするものが多くなると管理が大変
  • 日々の収支管理、領収書の整理をこまめにする必要があり、なくさないように気をつける必要がある
  • 会計ソフトや手書きなどで申告書を作成し、申告期間に税務署に提出する必要がある
  • 申告した後も領収書などの書類は保管する必要がある

例えば医療費控除とふるさと納税の手続きをしたい場合、病院に行ったときの交通費や医療費の領収書、自治体から届いた受領書をなくさずに保管する必要があります。領収書や受領書は再発行できないケースもあるので要注意です。

 

副業で20万円以上の利益が出ている場合は、確定申告する必要があるので、副業に関係する収支の管理もきちんと行う必要があります。

 

デメリットというより、手間といったほうがいいかもしれません。

 

確かに面倒くさいのは事実ですが、最近はfreeeなどの会計ソフトも登場して、会計知識が全くなくてもパソコンで日々の収支管理や申告書の作成を手軽にできるようになりました。

 

国税庁も、まだまだ発展途上とはいえ、e-Taxと呼ばれる電子申告や郵送、スマホ申告などの制度も整備してきているので、税理士に依頼しないと絶対にダメ、という時代ではありません。

確定申告のメリット

  • いまの収支状況を客観的にみることができ、少しずつ会計知識も身につく
  • どれだけ税金が発生しているのか、現実を知ることができる
  • 節税やお金に対する興味がわき勉強し始める
  • お金や税金などマネーリテラシーがつく
  • 経済や政治などのニュースもみるようになる
  • 領収書やレシートなど、きちんと管理しようと思える
  • 税金を払いすぎている場合は申告後に戻ってくる

確定申告は確かに手間もかかりますが、自分のいまの収支状況を客観的に確認することができますし、少しずつ会計知識も実践を通して身につきます。

 

私も最初は「勘定科目って何?」「白色申告と青色申告って何が違うの?」「この支出はどの勘定科目なの?」など分からないことだらけでした。もともと算数や数学は大の苦手で学生時代に簿記3級を受験して落ちたほどです(汗)

 

それでも自分で調べたり教えてもらう中で、少しずつ知識も身についてきたのかなと感じています。

 

確定申告をすることで、「自分はこれだけ税金を払っているのか」など、嫌でも現実を見させられます(苦笑)

 

サラリーマンの方の中には給与明細を受け取っても、手取りの部分しか見ない人も多いかもしれませんが、所得税や住民税、雇用保険、健康保険、厚生年金など、いわゆる天引きされている部分を確認してみてください。

 

1年間合計すると、思わず「うわあああ」ってなるかもしれません(苦笑)

 

その現実を目にして、「節税って聞いたことがあるけどどうするのかな」など、税金やお金に対する興味を持ち、勉強したり、セミナーや勉強会にいって教えてもらったり・・次の行動につながるかもしれません。

確定申告,税金,したほうがいいのか,しなくてもいい,メリット,デメリット

医療費控除やふるさと納税も、きちんと申告することで、払いすぎていた税金が戻ってきたり、翌年の住民税が控除されたりするので、もし戻ってきたら嬉しいですよね。

申告しないと損になる時代

税金を払わない場合は、税務調査などが入り、場合によっては脱税容疑などで逮捕されてしまいます。最近も○○王子や元宝塚歌劇団の某女優さんの親御さんの件などが話題になりましたね。

 

このように税金をきちんと払わなければペナルティを課されてしまいます。

 

ただし、その一方で、税金を払いすぎた場合や、戻ってくる場合は、何も申告しなければ戻ってきません。「○○さん、あなた税金払いすぎているので返しますね」と国が自動的に手続きしてくれるわけではないのです。

 

例えば100万円払わなければ制裁されますが、100万円払いすぎていたとして「わたし払いすぎていると思うので返してください」「正しい収支状況をお知らせするので修正して、必要に応じて戻してください」と申請しないと返ってこないのです。

 

そう考えたら、申告しないと損になる可能性が高いですよね。面倒くさいからといってやらないままだと、戻ってくるかもしれないお金、払いすぎているかもしれないお金をドブに捨てているようなものです。

 

「確定申告か、手続き面倒くさいし、いろいろ書類も用意しないといけないし、まあいいや、しなくても」となると、ある意味、国の思うツボです(苦笑)

 

医療費控除やふるさと納税だけでなく、株式投資、投資信託、NISA、つみたてNISA、iDeCo、仮想通貨(暗号通貨)などに取り組む人も増えています。

 

「制度上認められていて、もらえたり戻ってくる可能性があるなら、しっかり受け取らないと損だ」と個人的には思います。

 

もちろん脱税はダメです。合法的に制度として認められているなら、しっかり使いたいですね。

\ SNSでシェアしよう! /

マネタメライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マネタメライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 税金や社会保険料をいくら払っているか把握していますか?

  • 仮想通貨の税金を払いたくないけど問題を回避する方法ある?

  • 仮想通貨の税金がやばい!やり方が分からない場合の相談方法

  • 仮想通貨の取引がマイナスになった場合の確定申告は?

  • 仮想通貨の税金はどのように計算される?課税対象や仕組みは?

  • 消費税増税の理由や影響と個人が今すぐできる対策