1. TOP
  2. 税金・節税
  3. 確定申告の作成や提出でミスしがちなこと、注意点

確定申告の作成や提出でミスしがちなこと、注意点

税金・節税 この記事は約 5 分で読めます。

確定申告の時期、実際に特設の申告会場や税務署に行くと、職員の方々もかなり忙しそうで、物々しい雰囲気が出ていることも多いですね。

 

締切間近になればなるほどカオス状態になります(汗)

 

確定申告の相談を受け付ける窓口もありますが、職員さんは多忙ですし、受け付けてもらっても、自分の疑問や不安が完全に解消されるとは限りません。

 

職員さんといっても、いろんな方がいます。

 

所得税に百戦錬磨の職員さんもいれば、普段所得税に関わることが少ない職員さん、入社したばかりで研修中の方、繁忙期対応で税務署に雇われた派遣社員やアルバイトの方など、肩書や境遇は様々です。

 

ある意味、運といっても過言ではありません。

 

確定申告の作成では内容ももちろん大事ですが、作成書類や提出方法といった部分も大事です。

 

かといって、実際に提出するときは、相手も忙しいので細かい部分まで丁寧にみてくれるわけではありません。そこまで対応していると、どれだけ日が暮れてもキリがないからです(笑)

 

丁寧にみる余裕がないなら、ぶっちゃけ、テキトーに作ってもバレないんじゃないの?と思われるかもしれませんが、後日、税務署が確認して「これダメだから修正してね」と言われるリスクが高くなってしまいます。

 

修正する手間だけでなく、あらぬ疑いを持たれる可能性もゼロではないので、ていねいに作成して提出もしっかり行いたいところです。

作成が終わってで安心するのは早い

確定申告では、この支払は経費になる?売上は?家賃は経費にできるの?火災保険や生命保険は?年金や健康保険は?など、内容の部分に注目されることが多いですね。

 

なかには税理士さんに丸投げされるケースもあるかもしれませんが、書類を自分自身でまとめる、整理することもあると思うので要チェックです。

確定申告,作業,作成,ミス,郵送,チェックリスト

税務署に提出する前に、最低限チェックしたいものをまずは箇条書きでまとめてみます。

  • そもそも管轄の税務署はどこなのか
  • マイナンバーの分かる書類
  • 運転免許証等の本人確認書類
  • 印鑑(シャチハタ不可)

 

  • 源泉徴収票の原本
  • ふるさと納税の受領書
  • 生命保険などに加入している場合は控除証明書
  • 医療費控除をする場合は明細書の作成
  • iDeCoなど確定拠出年金の控除証明書
  • 国民年金の証明書(自営業などの場合)
  • 国民健康保険の納付書(自営業などの場合)

中身はもちろんですが、管轄の税務署やマイナンバーなどの本人確認書類は忘れやすいので注意が必要です。

 

例えば○○市○○区のように細かくわかれている場合、A区と思ったら実はB区だったみたいなことも少なくありません。管轄が違うと受け取ってもらえません。

 

マイナンバーや運転免許証などの本人確認書類のコピー、印鑑も忘れると大変です。

 

私も以前、税務署に書類を提出した時、印鑑を持っていくのを忘れて、家に帰ってまた来る・・というのをしたことがあります。本人確認書類も含めて、忘れると二度手間になってしまうので、提出する前は確認しましょう。

 

源泉徴収票をたまにコピーで提出されるケースがありますが、コピーではなく原本の提出が必要です。勤務先などに提出するケースがあるかもしれませんが、コピーをとっておき、勤務先等にはコピーを提出しましょう。

郵送する場合は?

なかには税務署や特設会場に持参せず、郵送で提出するケースもあると思いますが、後で「やり直し」と言われないためにも、ポスト投函前に以下のチェックをしましょう。

  • 管轄の税務署は合っているか
  • マイナンバーや運転免許証などの本人確認のコピーをとって本人確認書類に貼ったか
  • 源泉徴収票は原本か
  • 確定申告の書類はすべて入れたか
  • 控除証明書や明細書、受領書などの必要書類は入れたか
  • 封筒のサイズ(角形2号のA4サイズがおすすめです)

宛先を記入し切手を貼った状態の返信用封筒も入れましょう。受付印を押した確定申告書の控えを後日送ってもらうためです。

  • 宛名の書き方

(表)

郵便番号と住所

○○税務署 御中

 

「<所得税確定申告書在中>」と朱書きします。

 

(裏)

自分の郵便番号、住所、氏名を記入

  • 郵送方法

普通郵便。心配であれば書留にしましょう。

 

確定申告書は法律上「信書」で、信書は「郵便物」(第一種郵便物)または「信書便物」の扱いになるため、宅配便などの「荷物」扱いでの送付は不可です。

 

添付書類の量によって料金は変わるため、切手を貼らずに郵便窓口まで持っていってその場で量ってもらうのが確実です。

  • 提出日扱い

郵送時は消印の日付が提出日。締切当日に郵便窓口で受け付けてもらえばギリギリ間に合いますが、基本的には期限までに余裕を持って提出しましょう。

まとめ

  • 会社員で本業のみ、医療費控除とふるさと納税
  • 会社員で副業をしている
  • 本業が2つある
  • 自営業(個人事業主)
  • 会社経営者

など、それぞれの状況によって、提出する内容も変わってきます。

 

最近はインターネット経由で提出する方法もあり、必ずしも持参や郵送じゃないといけない時代ではありませんが、どの方法で提出するにせよ、提出前のチェックは必須です。

\ SNSでシェアしよう! /

マネタメライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マネタメライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 仮想通貨の税金はサラリーマンも確定申告する必要があるの?

  • 仮想通貨の税金の相談はどこで?税理士、税務署、国税庁?

  • 仮想通貨の税金は会社員、個人事業主、公務員の場合で違うの?

  • 仮想通貨は持ってるだけでは税金もばれない?ばれる理由は?

  • 仮想通貨の税金はどのように計算される?課税対象や仕組みは?

  • 仮想通貨の確定申告を実際に行って感じたこと